玄関ドア専科 会長ブログ


玄関ドア専科
by nagasimasan
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

新年

2015年の新しい年が明けた。
「めでたさも中くらいなりおらが春」
「角松は冥土の旅の一里塚、目出度くもあり、目出度くもなし」

68歳の老青年からすれば、そんな気分がしないでもないが、まあ大過なく新たな年が迎えられたのは、ありがたく、もったいない。
普通たいていの人は新年に「今年の抱負」なるものをしたためる。
私も何年か前まではそんなものを正月の通年行事にしていたのだが、今はやめた。
そんなものを決めたこと自体すぐに忘れてしまい、無駄な行為だと気付いたから。
元来、計画性の乏しい性格の上に、日々の忙しさにかまけて、むなしく年末をむかえるのが常だ。

それでもやはり新年。何となく行く末をどのように生きようかなんてことが頭をかすめるのです。
「ライフワークバランス」なんて言葉があるけど、なにしろこれまでの生活は「月月火水木金金」よろしく仕事仕事だけ。社長業務も降りたことだし、少しは私生活の充実を考えてもいいかななどと思っています。

じゃあ何するのと言えば、読書やら思ったことを記述したり、何かのテーマを研究したりと、やりたいことには事欠かないのです。
とまれ、真っ白な365枚のカレンダーが、日々どんな色に染まるのか期待と不安を乗せてスタートです。
皆様にとっても楽しい一年でありますことを祈念しています。 拝
[PR]

by nagasimasan | 2015-01-04 14:11
<< がくせい時代 「非常識のススメ」 >>